アプリ

【あの曲何だっけ?】鼻歌で曲名が調べられる【おすすめ音楽検索アプリ】

街中を歩いているときや、テレビを見ているときに「この曲良い曲だなー、誰の曲なんだろう?」

自分の音楽プレイリストに新しく曲を追加したいときにメロディーは覚えてるんだけど、歌詞がわからない..。」

アプリが普及している現代では、そういった悩みを解決してくれる音楽検索アプリがあります。

本記事では、利用者多め、認識精度高めの”無料”音楽検索アプリを紹介していますので「あの曲の曲名が知りたい..。」と悩んでいる方は、ぜひご覧になってください!

今すぐ音楽検索したい人!

余計な説明いらない、今すぐ検索したい人は、以下のアプリが1番おすすめですので、インストールして試してみてください。もちろん無料アプリです!

鼻歌でも検索できる機能No.1アプリ「SoundHound」

SoundHound音楽検索の認識とプレーヤー

SoundHound音楽検索の認識とプレーヤー

SoundHound, Inc.無料posted withアプリーチ

 

機能・特徴

  • 鼻歌(ハミング)でも検索できる。
  • 検索した音楽を再生できる。
  • 検索した曲をAppleMusic や Spotifyのプレイリストに追加できる。
  • 歌詞表示機能あり。
  • 曲に関連するYouTube動画も検索してくれる。
  • アーティストやバンド情報も提供してくれる。

 

使い方

アプリを開いたら、①で音楽認識検索、②でキーワード(アーティスト名、曲名、歌詞etc.)検索もできます。

検索ヒットすると、音楽が再生でき、歌詞も表示されます。

設定を変更すれば、検索した曲をAppleMusic、Spotifyのプレイリストに自動追加することも可能です。

 

「SoundHound」は有料版もあるけど無料版でOK!

SoundHoundは、有料版もあって「どちらをインストールすべき?」と思ってしまいますが、無料版で問題無しです!

無料版と有料版の違い

  • アプリ内の広告があるかないか。
  • 検索回数の制限が違う。
    ⇒無料版でかなりの回数検索しても制限かかりません!

 

「SoundHound」で見つからなければ、以下で紹介する他のアプリも試してみてください!

その他、おすすめ音楽検索アプリ

以下で紹介するアプリも全て無料です!

Apple運営アプリ「Shazam」

Shazam - 音楽認識

Shazam – 音楽認識

Shazam Entertainment Ltd.無料posted withアプリーチ

 

機能・特徴

  • 基本的には原曲しか音楽認識できない。
    ⇒LIVE曲などでも認識されない..。
  • 検索した音楽を再生できる。
  • AppleMusic や Spotifyのプレイリストに追加できる。
  • 歌詞表示機能あり。
  • 曲に関連するYouTube動画も検索してくれる。
  • アーティストやバンド情報も提供してくれる。

 

使い方

アプリを開いたら、①で音楽認識検索、②でキーワード(アーティスト名、曲名、歌詞etc.)検索もできます。

検索ヒットすると、音楽が再生でき、歌詞も表示させることができます。

設定を変更すれば、検索した曲をAppleMusic、Spotifyのプレイリストに自動追加することも可能です。

 

検索曲に対するメモ機能がある「MusicID」

MusicID

MusicID

Gravity Mobile無料posted withアプリーチ

 

機能・特徴

  • 鼻歌(ハミング)でも検索できる。
    ⇒SoundHoundにはやや劣る。
  • メモ機能により、どこで曲を特定したか情報を残せる。
  • AppleMusic に追加できる。
  • アーティストやバンド情報も提供してくれる。
  • (フリーズしたり、落ちたりが多いかも。)
    ⇒使用してみての実体験..。

 

使い方

アプリを開いたら、下のマイクボタンで音楽認識を開始できます。

検索ヒットすると、①で曲を特定した情報を残せ、②でアーティスト情報を確認することができます。

 

歌詞も一緒に楽しむ「OTO-Mii(オトミィ)」

OTO-Mii(オトミィ)

OTO-Mii(オトミィ)

SyncPower Corporation無料posted withアプリーチ

 

機能・特徴

  • 基本的には原曲しか認識できない。
    ⇒LIVE曲などでも認識されない..。
  • AppleMusic に追加できる。
  • 歌詞表示機能あり。
  • 曲に関連するYouTube動画も検索できる。
  • アーティストやバンド情報も提供してくれる。

 

使い方

アプリを開いたら、真ん中のボタンで音楽認識を開始できます。

様々なキーワードによる検索も可能です。

検索ヒットすると、曲に追従した歌詞も自動で表示されます。

下へスクロールしていくと、検索した曲に関する動画検索やAppleMusicで曲を聴くことができます。

アプリ無しでも音楽検索できる

「原曲から、曲名だけ知れればいいよ」という方は、デバイスに元々搭載されているAIアシスタントを利用して音楽検索することも出来ます。

「Siri」に聞いてみる

Apple製品のAIアシスタント「Siri」には、先ほど紹介したShazamの機能が搭載されいているので、楽曲を聞かせると、曲名を教えてくれます。

使い方

  1. Siriを起動する。
    ↑iPhoneのホームボタンorサイドボタンを長押し、または「Hey Siri」と問いかける
  2. Siriに対して「曲名を教えて」と問いかける。
  3. Siriに音楽を認識させる。
  4. 該当する曲が表示され、ワンタップでAppleMusicに飛べる。

 

「Googleアシスタント」に聞いてみる

Android搭載の「Googleアシスタント」も「Siri」と同様に、楽曲を聞かせると、曲名を教えてくれます。

使い方

  1. Googleアシスタントを起動する。
    ↑スマホのホームボタンを長押しするか、「OK Google」と問いかける
  2. Googleアシスタントに対して「曲名を教えて」と問いかける。
  3. Googleアシスタントに音楽を認識させる。
  4. 該当する曲が表示され、他の音楽アプリで表示することも可能。

 

音楽認識させる際の注意点

いくら便利になったとはいえ、世の中には数えきれないほどの音楽が存在するので、音楽認識で検索する際には、以下の点に注意して検索してみてください。

①音を極力、デバイスのスピーカーに近づける。

②他の雑音を拾ってしまうと認識できないこともある。

③微妙な音階の違いで認識されない。

 

①音を極力、デバイスのスピーカーに近づける。

大音量で流れている音楽であれば、さほど支障はありませんが、認証しているデバイスに音がうまく届いていなければ、検索失敗してしまうことがあります。

 

②他の雑音を拾ってしまうと認識できないこともある。

検索したい音楽の他に、街の喧噪やナレーションなどが入ってしまうと、曲検索がうまくいかないことがあります。

 

③微妙な音階の違いで認識されない。

LIVEバージョンやカバー曲、自分が口ずさんだ歌であると、微妙な音階の違いで検索できないことが多々あります。

原曲の場合だと、上記アプリであれば、ほぼ検索ヒットしました。

まとめ

鼻歌やLIVE曲などでも検索したいなら

Apple運営の信頼できるアプリがいいなら

余計なアプリ入れたくないなら

 

基本的に原曲を認識させる場合は、本記事で紹介したどのアプリを利用しても、音楽認識能力にあまり違いを感じませんでした。(マイナー曲を除いて)

細かな機能はアプリごとにやや異なるので、上記内容を参考にしていただけたら幸いです。